本文へスキップ

TMKプロジェクトは京都大学と 田辺三菱製薬株式会社との連携プロジェクトです。                                                              ▼English


プロジェクト概要outline


慢性腎臓病は年々罹患者が増加の一途をたどり、わが国の成人の8人に1人が罹る疾患となっています。 すなわちしかるべき治療の手立てを得ないままその病状が進展し、透析を余儀なくされる患者がついに30万人を超え、 罹患者にはきわめて不自由な日常生活を強いられ、医療経済学的にも重くのしかかり喫緊の課題となっています。 その原因はいくつか考えられますが、何よりも慢性腎臓病がいかにして発症し進展するかの正しい理解が十分得られていないことと、これによるしかるべき治療方法や治療薬が見出されていないことに因るものであります。われわれのプロジェクトは、 本学を中心としたアカデミアによるこれまでの研鑽による蓄積を礎に、ヒトの病態の理解を深化させ、より確度の高い疾病治療法を見出し、 連携している田辺三菱製薬による新薬の創製につなげることで、現行治療の満足度が低い当該疾患の薬物治療法を確立し資することで、 近未来に慢性腎臓病が克服できるよう取り組んで参りたいと考えています。

目的
慢性腎臓病の病態解明に関する基礎医学研究を通じて、慢性腎臓病に対する薬物の標的探索と開発を進め、革新的新薬の創出を目指します。
期間
2011年4月から10年間
組織  
次図参照
  
設立
京都大学と田辺三菱製薬株式会社の間で2011年3月11日に締結した包括的共同研究開発基本契約に基づき、2011年4月医学研究科メディカルイノベーションプロジェクトとして、TMKプロジェクトを立ち上げ、協働事業活動を開始。

沿革

2011.4
TMKプロジェクト慢性腎臓病研究ラボ開設準備室を設置
(先端医療機器開発・臨床研究センター4階プロジェクト研究共通事務支援室内)
2011.10
TMKプロジェクト・マネッジメントチーム設立、プロジェクト運営体制構築
2012.4
TMKプロジェクト統括室を設置
2012.6
医学部附属病院構内・南部総合研究1号館3階に慢性腎臓病研究ラボを開設
2013.3
メディカルイノベーションセンター竣工
2013.4
メディカルイノベーションセンター2階に慢性腎臓病研究ラボを移設

バナースペース

TMKプロジェクト

〒606-8507
京都府京都市左京区聖護院川原町53

TEL 075-366-7414
FAX 075-752-9119